翻訳会社の流れ

翻訳会社には、様々な業務があります。一般的には、コーディネーターがクライアントからの依頼を受け、案件に相応しいチームを組み立てます。翻訳者が異国語の文章を母国語に、あるいは母国語の文章を異国語に翻訳した後、チェッカーが原文と訳文をつき合わせて誤訳や訳抜けがないかをチェック。
最後にネイティブチェッカー(異国語を母国語としている人)に訳文を読んでもらって文章のクオリティをあげるという流れが主流です。 現在、翻訳者とチェッカーは在宅ワークからの登用が多いので、コーディネーターがそれぞれ違う業務を受け持つチームスタッフとクライアントとの架け橋になり、仕事を進めていく事業所が殆どでしょう。

スケジュールを予算と納期にあわせて組んだり、翻訳者の作業を少しでも軽減できるように必要な書類を揃えたり、クライアントのアフターフォローをしたりと、コーディネーターの仕事は多岐に亘ります。
事業所によっては、人材の確保や広報、給与計算など事業所を管理する仕事を同時に受け持っているコーディネーターもいるようです。お客様に気を配り、スタッフを上手く使いこなし・・・「翻訳会社の一日」は、とりもなおさず「コーディネーターの一日」と言っても過言ではありません。

このサイトでは、翻訳会社で働く「コーディネーター」にスポットをあて、翻訳会社の一日について解説をしています。翻訳会社に興味のある人、また働いてみたいと思っている人の参考になれば幸いです。